木更津石材株式会社は、千葉県の木更津市を中心として、墓石販売・石工事・霊園販売と霊園のご案内を行っています。
>
>
石の選び方

石の選び方

墓石に使われる石の種類は、三百種類にも上ると言われています。
現在墓石の多くに使用されている石のほとんどは中国から輸入されているもので、国産の石は高級品として扱われていることが多いようです。 墓石に最もよく使われるのが花崗岩で、次いで安山岩、また斑レイ岩(ハンレイガン)、閃緑岩(センリョクガン)なども使われます。これらは硬く、火や風にも強くて、磨くと光沢が出るのが特徴です。

良い石とは

一般的に墓石として適している石材は硬度が高くて吸水性が低く、風化しにくいこと、キズやムラがなくきめ細かいものです。

 

 

 

稲田石(産地:茨城県)
国産の白御影石の中では最もポピュラーだが、石材としての質は高く、墓所以外にも建築材としても多く使用されている。

 

 

本小松石(産地:神奈川県)
石材としての歴史は古く。城壁などにも使用されていた石材。安山岩系で石質はやわらかいが、磨きをかけると独特な風合いを放つ。日本石材の最高級品のひとつである。

 

深海(産地:中国)
深緑色をした御影石。近年、墓石に多く使用されている石材。

 

G603(産地:中国)
白御影石。中国産石材としては昔からあるもの。墓所では外柵に使われることが多い。中国石材は「G603」みたいな感じで名称は番号で呼ばれているものが多い。